フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性グループ

ザ・リガニーズのメンバーは今現在何してる?「海は恋してる」の誕生秘話は?

2017/08/15


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕海は恋してる(紙ジャケット仕様)

フォークグループ、ザ・リガニーズ今回はメンバーについて触れながらデビュー曲の話にも触れて掘り下げて行きます。

プロフィール

  • グループ名 ザ・リガニーズ
  • 活動期間 1967年~1970年  2005年~
  • メンバー 新田和長、武藤敏史、内山修、吉田光夫、常富喜雄、所太郎(デビュー前に脱退)、渡辺真木雄(デビュー前に脱退)

メンバーは今現在何してる?「海は恋してる」の誕生秘話は?

ザ・リガニーズのメンバーは、現在色々な場所で活躍をしています。

まずはボーカルの新田和長。グループ解散後、早稲田大学を卒業し東芝音楽工業(現東芝EMI)に入社しました。きっかけは知り合いのディレクターに誘われたためです。

仕事ではプロデューサーとして活躍し、その後ファンハウスというレコード会社を立ちあげ、会社の業績も好調で小田和正や岡村孝子を売り出しに成功し、音楽業界で成功を掴み取りました。

2001年にドリーミュージックというレコード会社を設立し、取締役。2012年に辞任し去就が注目されていましたが、自ら株式会社フールオンザヒルを設立し現在に至っています。また、2005年にグループを再結成し音楽業界にミュージシャンとして復活しました。

ギターの武藤敏史は、ボーカル新田和長と同じく東芝音楽工業に入社し、レコーディングディレクターを担当していました。新田和長とは上司と部下の関係となりながらも関係は良好だったようです。オフコースや寺尾聰などを担当し、こちらも音楽業界では名前を上げる活躍をしましたが、現在の活動は不明です。

ベースを担当していた内山修はグループ解散後、フォークグループ猫を結成し活動を継続中、2005年にザ・リガニーズを再結成にも関与し、現在もソロとしてフォークグループ猫のメンバーとして全国をライブ行脚しています。(本人ブログURL: http://blog.livedoor.jp/umfuchineco-since2004/


スポンサーリンク

ギターとバンジョーを担当していた吉田光夫は、2005年の再結成に関与しましたが、現在の音楽活動は不明です。

ギターを担当していた常富善雄はベースの内山修とフォークグループ猫を組んで現在も音楽活動を継続中、主な活動スケジュールは(本人ブログURL:http://www.omericemusic.com/news

ギター所太郎は、ザ・リガニーズの前身早稲田大学のバンドサークルWFSのメンバーだったが、ザ・リガニーズ結成時にグループを脱退し、その後モーニングバード等で芸能レポーターとして活躍していました。

ギター渡辺真木雄は、所同様大学時代はメンバーとして活動をしていたがデビュー直前に脱退し現在の活動は不明です。

ここからはザ・リガニーズのデビュー曲、『海は恋してる』の誕生秘話について書いて行きます。色々と調査しましたが、あまりヒットしたわけでもないようでこれというエピソードが出てきませんでした。

ただし、この作曲はボーカルを務めていた新田和長が行なっており、優しい感じのメロディーラインのためインパクトが薄かったのかもしれません。

まとめ

数あるフォークグループの中でも、比較的メンバーの活動状況が明確なグループである事は間違いありません。しかしデビュー曲に関してはこれと言ってデータやエピソードがないことが少し残念でなりません。

昔のミュージシャンは音楽的にレベルが高いことが伺わせますね。ボーカルだった新田和長氏はボーカルを辞めたあと音楽関係とは言えサラリーマンとなって社長にまで上り詰めアーティストの売り出しにも関与しているという出来すぎたストーリーではありますね。

また、他のメンバーについても未だ現役のミュージシャンとして活躍している人も多くライブ活動もこなしている事に驚きを隠せませんでした。ファンが元気なうちにグループの活動を見せつけてほしいものです。

やはりミュージシャンとして表舞台に立ち続けて活動していくのは難しいことなんだと感じました。何故なら活動を継続するためには世間の受け入れが必要ということと求められないと活動は出来ないのです。

これを考えるとミュージシャンとしては、イマイチ成功しなかった物の、社会人としては成功した人たちというイメージを持ちました。

〔amazon〕ザ・リガニーズのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ