フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性グループ

海援隊の現在。グループとしての現在の活動は?メンバーは何してる?

2017/08/15


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕ゴールデン☆ベスト

贈る言葉という曲の、ヒットで知られる海援隊解散しているのではないか?そう思っている人も居るかと思います。しかし、現在も元気に活動継続中でライブも開催しています。

今回は周辺を掘り下げます。

プロフィール

  • グループ名 海援隊
  • 活動開始1972年
  • 所属事務所 株式会社 ネクストワン

メンバー

武田鉄矢

  • 生年月日 1949年4月11日
  • 血液型 O型
  • 出身地 福岡県 福岡市
  • 担当 ボーカル

中牟田俊男

  • 生年月日 1949年7月21日
  • 血液型 ?
  • 出身地 福岡県 福岡市
  • 担当 ギター

千葉一臣

  • 生年月日 1951年 12月24日
  • 出身地 東京都 練馬区
  • 血液型 ?
  • 担当 ギター

現在。グループとしての現在の活動は?メンバーは何してる?

海援隊は現在も活動を継続しています。グループとしては徹子の部屋のコンサートにゲスト出演する等活動は、活発と言うよりもゆっくりです。というのも歳を重ねてメンバーが病気を患うなどしたため、活動休止を余儀なくされたのでした。

しかし、病気から復活し海援隊の活動をする事が出来ています。作品のリリースについては2010年以降リリースが出来ていません。恐らく主題歌等の依頼が無いのでCDがリリース出来ないのだと思います。

それではメンバーが最近どの様な活動をしているかを書いて行きます。まず、ボーカルの武田鉄矢は現在も俳優を続けており、3年B組金八先生の坂本金八役や101回目のプロポーズの星野哲郎役などいくつものはまり役を持っている上、海援隊の中でも作詞家としてボーカリストとして活動を続けています。


スポンサーリンク

また、2017年4月からBSTBSで水戸黄門の黄門様役としてドラマに主演することも決まっています。武田鉄矢さんは忙しい日々を今後も忙しい日々を過ごしそうです。

他のメンバー、中牟田俊男氏は食道がんを患いましたが現在は見事復活を果たし、音楽を続け、千葉一臣さんも同様に海援隊メンバーとして音楽活動を継続中です。続いては海援隊の歩みを少し書いて行きます。

海援隊の結成は1960年代、地元福岡でストリートライブをしながら歴史の古いライブハウス照和に出演するようになり、実力を着実に付け始めるそんな中、泉谷しげるに誘われて上京し、1972年にファーストアルバム『海援隊がゆく』でデビューを果たしました。セールスデータは現在残っていませんが、あまり芳しくないスタートとなりました。その後、『あんたが大将』や『母に捧げるバラード』等のスマッシュヒットはありましたが、大ヒットには結び付くことはありませんでした。

売れなかったためかレコード会社をエピック、テイチク、ポリドールレコードに移籍し14枚目のシングル『贈る言葉』が3年B組金八先生の主題歌として起用され94.5万枚のヒットを記録しました。当時の金八先生は、日本テレビで放送されていた太陽にほえろの視聴率が良く、対抗策として作られた学園ドラマでした。

TBSの目論見と武田鉄矢の素朴な先生役がハマり大ヒットドラマとなりました。その後もシリーズ物として続編が製作されました。金八先生と海援隊の歌はセットで世間にアピールされる形となり、『贈る言葉』の他にも、『人として』や『スタートライン』等世間に浸透している作品となっています。

しかし、贈る言葉のヒット後は暫く売れない時代が続き入ってきた印税を使い切るという形でどん底に近い生活を送っていたようです。しかし現在は武田、中牟田両氏が手術や病気を乗り越えて新たな海援隊を見せてくれそうな気がします。

まとめ

海援隊は元々武田鉄矢が、坂本龍馬に憧れ名付けたグループ名。坂本龍馬の亡くなった年齢が33歳だったのでそこまでグループ活動を続けて解散しようと決めており、その考えの通り一度は解散してしまいましたが、再度活動再開し現在も音楽活動を続け金八先生だけではなくドラえもんなどの主題歌を歌うなど、めざましい活躍をしています。

新作リリースを待ち焦がれてしまうところではありますね。


スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ