フォークソングカフェ

フォークソングの伝説のアーティストや名曲を語るブログ

男性グループ

フォークグループ猫の現在の活動。メンバーは何してる?「雪」「地下鉄に乗って」の誕生秘話は?

2017/07/30


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕THE BEST

フォークソングを語る上で、外せないグループ『猫』今回は現在の活動やメンバーの状況などを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • グループ名 猫
  • 活動期間 1971年から75年
  • 2004年~
  • レコード会社 FOR LIFE

メンバー

  • 常富喜男 生年月日 1948年7月7日 ボーカル・ギター
  • 内山修 生年月日 1948年12月12日 ボーカル・ギター・ベース・パーカッション

現在の活動。メンバーは何してる?「雪」「地下鉄に乗って」の誕生秘話は?

現在は、常富喜男と内山修の2名でグループ活動を継続しています。直近のライブ活動は、以下です。

以下、オフィシャルサイト(https://www.nekomusic.net/)より

< Akira SAKATA Produce Kakurega Presents >

かくれが 投げ銭Live #44 「まだまだ熱い猫 残暑お見舞いLive」

  • 2017年8月19日(土)
  • 出演:猫 (NEKO / 常富喜雄 内山修)
  • 会場:新宿三丁目「かくれが」
  • 開場 18:00 開演 19:00
  • ¥2,000 (+2drink)
  • 40名限定(前売り制)
かくれが
  • 〒160-0022
  • 東京都新宿区新宿3丁目11−3
  • 新宿土地建物第3ビルB1F
  • 03-3354-8372

また、新作は2015年11月21日に猫6をリリースしており、まだまだ活動のペースは落ちそうにありません。さて、どの様にして猫が結成されたのか?について書いていきます。結成当初は常富喜男、内山修、田口清三の3名でスタートしました。

グループ活動をスタートした物の、いきなり仕事はあるはずもなく、吉田拓郎が音楽仲間と結成したユイ音楽工房に参加し、吉田拓郎のバックバンドを務めていました。その後、1972年に『人生なんてそんなもんさ』でデビューを果たしています。

その後セカンドシングル『雪』を吉田拓郎作詞作曲でリリースしました。この曲は猫のオリジナル楽曲ではなく、吉田拓郎が歌っていた楽曲のカバーしたものです。レコード発売から

暫くは売れませんでしたが、じわりじわりとヒットして代表曲となりました。


スポンサーリンク

続いてはサードシングル『地下鉄に乗って』について書いていきます。作詞岡本おさみ作曲吉田拓郎、丸ノ内線に乗って移動する時間を楽しむ歌だと感じました。赤坂見附や四ッ谷なんてワードが出てくるので、恐らく昼間の丸ノ内線の情景を歌詞にしたものです。

これも吉田拓郎さんのカバーという形で、この曲もヒットソングとなっています。元々吉田拓郎のバックバンドを務めていたので、そのお礼的にこの歌をカバーさせてくれた可能性が高いですね。

この2曲のヒット曲がでた後、第一期の活動は1971年から76年まで活動をしていましたが、フォークソングブームが終焉してしまい解散してしまいました。猫は現時点では2名ですが、解散直前には風のメンバーとなる大久保一久や御守孝明、等が在籍していました。

2004年に猫の結成メンバーだった田口清三さんの、13回忌でメンバーが偶然参列これをきっかけに、猫が30年ぶりに再結成を果たし現在に至ります。活動を再開してからは

常富喜男、内山修、新井武士の3名で再結成。しかし、新井武士は2015年のライブを最後にグループを脱退しています。

その後はライブ活動や新作をリリースして、活発な活動をしています。フォークソングを聴いていた世代が、また、あの時のようにフォークソングを求めてくるので、需要があるような気がします。

まとめ

今後の活動は体が続く限り、ライブを行っていくと思いました。メンバーが2人になった事から考えても身軽になったのでアコースティクギターを抱えて、どこでもライブが出来るそんなイメージを持ちました。

グループ活動をしているフォークグループはある物の、レコード会社との契約がないためリリースにこぎ着ける事が出来ないまま、ライブだけをやっているグループもある位ですからね。発表の場所があるというのは良いですよね。

ライブに来られない人もいますからね。作品がレコードやCD等に収録できればそれを手に取ることが出来る訳ですからね。そうすればリスナーをいつまでもつなぎ止めておくことが出来ますよね。

今後猫の作品リリースが楽しみでもありますし、アンティークにならずに現在進行形というのが凄いですよね。

〔amazon〕猫のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ