フォークソングカフェ

フォークソングの伝説のアーティストや名曲を語るブログ

男性グループ

とんぼちゃんの現在。メンバーは何してる? 「遠い悲しみ」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕プラチナムベスト とんぼちゃん(UHQCD)

フォークデュオとんぼちゃんを様々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • グループ名 とんぼちゃん
  • 出身地 秋田県
  • 活動年 1972年~1982年
  • カテゴリー フォークグループ

メンバー

  • 伊藤豊昇
  • 市川善光

現在。メンバーは何してる? 「遠い悲しみ」の誕生秘話は?

1982年にグループは解散し、その後メンバーの伊藤豊昇は音楽業界に留まって作曲家として稲垣潤一さんや雅夢などに楽曲を提供していた事もあったようです。その後需要が無くなったので音楽業界を離れており、現在は何をしているか不明です。

相方市川善光は、とんぼちゃん解散後実家秋田でタレントや司会業などの仕事をしていたようです。31歳の時にイベント会社を立ち上げて社員を25名使っていてかなり流行っていたようです。

しかし、バブル崩壊し連帯保証人をしていた知人の会社も潰れ、市川善光さんの会社も連鎖倒産したようです。その後添乗員の資格を取り、添乗員をしながら音楽活動を継続しています。

年間200日ほど旅に出るため、殆ど音楽活動は出来ていませんが、とんぼちゃんのバックバンドを組んでいた仲間たちとYONBO with DFOを結成しました。ライブ活動も行われているようですが、直近は予定は無いようです。

また、新作は2015年に同じココロでをリリースしましたがその後新作制作は行われていません。

また、別ユニット古とんぼの活動も行っており、こちらのライブは予定されています。

直近のライブ予定は(URL: http://yonbo-df.com/info.htmlより引用)

2017年 古とんぼジョイントライブ~横浜・関内~

  • 【日時】2017年8月19日(土)18:00開場 19:00開演
  • 【会場】パラダイスカフェ 神奈川県横浜市中区住吉町6-72 シャンローゼ関内 B1
  • ・JR関内駅北口から徒歩5分
  • ・みなとみらい線馬車道駅3番出口から徒歩3分

2017年 古とんぼジョイントライブ~江古田~

  • 【日時】2017年8月20日(日)開場 17:00 開演 17:30
  • 【会場】江古田マーキー 東京都練馬区豊玉上1-10-10 江古田スカイビルB2
  • TEL:03-3994-2948

グループの垣根を越えると、メンバー同士は横の繋がりが強く新しいユニットを組んでまた音楽活動を続けて行くその商魂逞しさにびっくりしますね。


スポンサーリンク

続いては、とんぼちゃんの曲『遠い悲しみ』について書いていきます。作詞は伊藤豊昇、作曲は市川善光、1975年9月10日に発売しました。この曲には、タイトルが異なっていますが、同じような歌詞を使っている不思議な曲です。

下の歌詞を見て貰うと解りますが、どうしても伝えたいことがあったのかもしれませんね。

『遠い悲しみ』の歌詞(URL:http://www.wa.commufa.jp/burbon-1/songs/tooikanasimi.htmlより引用

風が窓を叩くと誰かが僕を呼んだような気がして

急いで窓の外を見てみます 見てみます

外はいつのも暗闇 風のいたずらなんだと独り言

つぶやいた後でふと思い出す  君のこと

『もうすぐ二十歳』の歌詞(URL: http://arworld.web.fc2.com/tombo/tombo05.htmlより引用

夏が窓をたたくと 誰かが僕を呼んだような気がして

急いで窓の外を見てみます 見てみます

そこには誰もいなくて 風のいたずらなんだと 独り言

呟いた後で ふと 昔のこと思い出す

曲のタイトルは違いますが、歌詞は同じようなものが使われています。

何故この様な歌詞を使われたのか?どうして別タイトルなのに同じような歌詞が使われたのか?はあきらかになっていません。

この曲はとんぼちゃんにとっては3枚目のレコードであり、勝負曲と言えるものだったのかもしれませんね。

まとめ

今回は、とんぼちゃんを取上げてみました。グループは音楽性の違いから解散してしまい、伊藤豊昇さんは音楽の世界から離れてしまい、現在の立ち位置は解りません。かたや

市川善光は、旅行代理店の添乗員をやりながら音楽活動を行っており、未だに音楽業界で活動をしています。ライブ活動も活発であり、とんぼちゃんのファンだった人はその時代の曲を聞くことが出来ると思います。

今後グループの再結成の可能性は、0に等しい訳ですが、音楽だけは世代を超えても聴かれ続ける事だと思われます。

〔amazon〕とんぼちゃんのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ