フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性歌手

友川カズキの現在の活動。競輪好きだけどライブはやってる?「生きてるって言ってみろ」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕ゴールデン☆ベスト
フォーク歌手の友川カズキさんを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 芸名 友川カズキ(本名 及位典司)
  • 生年月日 1950年2月16日
  • 出身地 秋田県
  • カテゴリー フォークシンガー

現在の活動。競輪好きだけどライブはやってる?「生きてるって言ってみろ」の誕生秘話は?

現在もアーティストとしての活動は行っており、昨年2016年にアルバム『光るクレヨン』をリリースし、それに伴い雑誌の取材やその他諸々の活動を行っています。

また、競輪好きという話もありますけど単なる好きではなく、評論家として活動しているという側面も持っています。

しかし、競輪だけではなくその他色々なギャンブルに手を出したようです。一番肌に合っていたのは競輪と言うことなのかもしれません。そして時には数十万を一レースに掛けて一瞬にして消えるという時期もあったようです。

続いてはライブについてです。スケジュールは以下の通りです。(以下http://kazukitomokawa.com/j/archives/category/showscheduleより引用)

2017年10月14日(土)JB STUDIO ROUTE 23(名古屋)

  • 公演日:2017年10月14日(土)
  • 公演名:友川カズキ×安藤延晃 名古屋公演
  • 出演:友川カズキ 安藤延晃
  • 会場:JB STUDIO ROUTE 23 (名古屋) 名古屋市南区七条町3-4-3-2F  Tel.052-693-1966
  • 時間:開場 18:30/開演 19:00
  • 料金:前売¥3,800/当日¥4,300(別途ドリンク代)

チケットぴあ始め、サークルK・サンクスセブン-イレブンの発券機にて2017/5/18(木) 10:00より発売

http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1724391

※整理番号付自由席 P-コード(333-859)

先着順、若番号より、前のお席にお座り頂けます。

《ご予約、お問い合わせ・氏名・電話番号・購入枚数》

※予約後のキャンセルは原則として受け付けておりません。


スポンサーリンク

【問い合わせ】安藤延晃音楽事務所

2017年10月22日(日)APIA40(東京)

友川カズキが1970年代より主戦場として数多の戦を繰り広げたアピアにて、トリオ編成でのライブ!盟友・石塚俊明(dr,per/頭脳警察)、永畑雅人(p,acc,mand/パスカルズ)とともに繰り広げる、調和とも衝突ともつかない出鱈目な応酬は、言葉を超え、音楽を超え、明後日の方角へと跳躍する。間断なく祝福せよ!

  • 公演名:友川カズキワンマンライブ at APIA40
  • 出 演 : 友川カズキ (Vo,Gt ) + 永畑雅人 ( パスカルズ / Piano, Accordion, Mandolin ) + 石塚俊明 ( 頭脳警察 / Drums )
  • 日 付 : 2017年10月22日(日)
  • 会 場 : APIA40 (Tokyo)
  • 時間 : 開場 18:30 /開演 19:00
  • 料金 : 前売 3,500円/当日 4,000円(税込み、1ドリンクオーダー別)
  • ご予約 : 03-3715-4010 (APIA40)

2017年12月10日(日)桜坂劇場ホールB (沖縄県那覇市)

  • 公演名:『友川カズキ LIVE IN OKINAWA 2017』
  • 出演:友川カズキ, もりと(マルチーズロック), ヨシムラタカシ
  • 日付:2017年12月10日(日)
  • 場所:沖縄県那覇市牧志3-6-10(地図)
  • 時間:17:30開場/ 18:00開演
  • 料金:前売 3,500円/ 当日 4,000円

予約・問合せ:

  • 桜坂劇場 098-860-9555
  • ローソンチケット Lコード:82499
  • チケットぴあ Pコード:344-555
  • イープラス http://eplus.jp/

続いては友川カズキさんの楽曲『生きてるって言ってみろ』について書いていきます。友川カズキさんのサードアルバム千羽鶴を口に咬えた日々にも収録され、シングルとしてもリリースされています。

(以下http://www.mammo.tv/interview/archives/no139.htmlより引用)

「生きているって言ってみろ」も、あれは20歳のとき、自分自身のためにつくったんだけど、生まれ故郷の秋田市から50キロくらい離れたところで、アマチュアのコンサートがあって、それに向かう車中でつくった歌なんです。

歌ってのは、眉間に立て皺つくってつくるもんじゃなくて、つくりたいと思っていたらできて、抱えてきたことがあればできるもんです。

まさに、神様が降りて書かせてくれた曲と言っても良いかもしれませんよね。作りたいと時に作る確かにデスクワーカーではないので座っていれば出来るって物じゃないから、生きている時間全てが歌を作るチャンスの時間と言えると言う事ですね。

まとめ

フォークソングの良いところは、生き様をストレートに歌に出来る事なのかもしれません。本当なら、言葉が汚くて歌に出来ない物が、歌になるそれはシンプルな楽器しか使ってないから人に伝わりやすいのかもしれません。

だからこそ一大ムーブメントになったと思います。

〔amazon〕友川カズキのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性歌手