フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

森山良子の年齢。若い頃の活動は?「この広い野原いっぱい」「今日の日はさようなら」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕森山良子 ベスト DQCL-2017

今も女優として歌手として活動を続ける森山良子さん。年齢を知らなければ知らないでも別に大丈夫な人つまり、年齢を超越しているそんな感じに見える人と言う事です。今回は森山良子さんにスポットを当てます。

プロフィール

  • 氏名 森山良子
  • 生年月日 1948年1月18日
  • 出身地 東京都
  • カテゴリー フォークシンガー
  • レコード会社 ドリーミュージック

年齢。若い頃の活動は?「この広い野原いっぱい」「今日の日はさようなら」の誕生秘話は?

森山良子さんの年齢は、現在69歳とてももうすぐ70歳には見えない。やはり年齢を超越しているそんな言葉を再度考えたところです。現在、ニッポン放送でもオールナイトミュージック10の月曜パーソナリティーを務めています。

パーソナリティーラインナップを見たときに、少し年齢が高すぎじゃないか?と思いましたが、頭の中は横並びのパーソナリティーの中でも若い方に入ると感じました。音楽的な感性もそうですし、現在の流行りにもついて行っているそんな感じがラジオ内の喋りで感じます。

コンサートも精力的に熟しており、ステージ終わりでラジオをやってまた次のコンサート会場へと移動して行っているイメージですね。続いては、若い頃の森山良子さんについて書いていきます。

実は若い頃からパワフルな人で、結婚を2回経験しており2度とも離婚しています。最初の人は一般人で、浜松へ仕事に行ったときに知り合い交際がスタート、その後交際は順調に進んで妊娠が発覚。

結婚しました。しかし、相手の男性がお金持ちのお坊ちゃまで欲しい物は何でも親から買い与えられていたと言う事など様々な積み重なりから、離婚を決意したようです。やはり行動力がありますね。


スポンサーリンク

しかし、簡単にはいかなかったようで離婚した相手の男性が娘に会わせることを要求するなど、色々と縺れたようです。しかし、1975年に離婚しました。その半年後ジェームス滝氏と再婚、しかしこの再婚も上手く行かなくて離婚しています。しかしこの結婚で直太朗さんが誕生しています。

森山直太朗と森山奈歩さんは、それぞれ父親が違うと言う事になるわけですね。ちょっと破天荒な香りがします。さて仕事面に話を移すと、1967年1月に歌手デビューを飾って以後、毎年レコードをリリースしていました。

また、学生時代はフォークグループを結成して音楽活動をしていた時期もあったようです。次に森山良子さんの楽曲「この広い野原いっぱい」「今日の日はさようなら」について書いていきます。

「この広い野原いっぱい」は森山良子さんにとってデビュー曲に当たります。この曲を自身が出演していたラジオ番組の中で、流したところ評判を呼んでソロデビュー曲となりました。

作詞は小薗江圭子、作曲は森山良子さん自身です。しかし森山良子さんはジャズシンガーとして活動したい意向があったようです。元々歌が上手いので色んなジャンルが歌えると言うことになりますね。

続いては「今日の日はさようなら」についてです。作詞作曲は金子昭一さんで、歌を森山良子さんが歌っています。ボーイスカウトのスカウトソングとなっており、また、1973年に高校一年生の音楽の教科書に掲載されています。

この曲はみずいろの恋という曲のB面として収録されており、後に楽曲の良さが光り楽曲だけが一人歩きしたという形になります。

まとめ

今後もパワフルに日本全国を動いて行く事と思います。そのためこれからコンサートで森山良子さんを見るという人もいるはずです。行動的でパワフルな60代というのは最近意外と多いかもしれません。

しかし体が元気であれば、それも良いことだと思いますし、逆に高齢者のランドマーク的な歌手になっていく感じがありますよね。今後も活動状況を見ていきたい歌手の一人ではありますね。

〔amazon〕森山良子のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手