フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性歌手

村下孝蔵の死因と歌手として評価。「初恋」「踊り子」「ロマンスカー」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕GOLDEN☆BEST 村下孝蔵ベスト・セレクト・ソングズ

亡くなった現在もなお、ファンの中で思い出としていき続ける村下孝蔵さん。今回は楽曲についてや歌手としての評判などを掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 村下孝蔵
  • 生年月日 1953年2月28日
  • 出身地 熊本県 水俣市浜町
  • カテゴリー シンガーソングライター

死因と歌手として評価。「初恋」「踊り子」「ロマンスカー」の誕生秘話は?

村下孝蔵さんの死因は、高血圧性脳出血この病気は日本の死因第4位、処置が早く助かったとしても何らかの後遺症が残ります。それぐらい発症すると厄介であり、元通りの生活を送る可能性がとても低いようです。

村下孝蔵さんの場合も、体調不良を訴えてから4日で他界されたと言うことであっという間に症状が進行したようです。やはり普段から体調管理は必要という事は痛感してしまいます。

続いては歌手としての評価をネット上から拾って見ました。(以下ツイッターから引用)

まるも‏

@marumohm

12月15日

その他

#nowplaying

村下孝蔵/初恋

歌詞やメロディはアイドルが歌うとピッタリはまりそうな曲なのに、肝心のオリジナルの歌が凄すぎてどれも残念な印象になる気がする…

倉本 哲@微妙にアレンジをアップ‏

@krmtsts

17分17分前

その他

長いこと長調の曲ばかり作ってたので村下孝蔵のロマンスカーがすごくよくて、

でも耳が疲れて高音域がよく聞こえませんでしたw

ひよこ豆‏

@toumaginjirou

1時間1時間前

その他

返信先: @zZTR8IchC5FsLLfさん

アミちゃん おはよう(*Ü*)ノ"☀

村下孝蔵  初恋 懐かしいね❗️

お嬢ちゃんも頑張ってね✌️

今週も楽しく過ごせますように �✨�

ツイッター上でも色々な思い出を抱えて、村下孝蔵さんの音楽を日々過ごしているように感じました。今後も歌い継がれている楽曲達である事が解りますね。


スポンサーリンク

続いては村下孝蔵さんの楽曲、『初恋』、『ロマンスカー』、『踊り子』の3曲について触れて行きます。『初恋』は1983年2月25日デビューから4年が経過していました。この曲は村下孝蔵さんが実際に憧れを抱いていた人を想って描いた楽曲でご対面番組でその人と実際に対面した事があったのを記憶しています。

村下孝蔵さんの実際の初恋は、思いを伝えないまま終ってしまったようです。大概に初恋はそんな物ですし、初恋の人とつきあえる確率ははっきりとしませんが、結婚するとなると100人に1人つまり1%以下です。

ある意味そんな幸せな人殆どはいません。大概何処かで何かが狂って別れてしまうのがオチです。また、この曲が発売されヒットした頃丁度体調を崩し、歌番組などには殆ど出演が出来ませんでした。

52万枚でオリコン3位を記録し、未だに村下孝蔵さん史上最大のヒット曲であり、同時期に当時アイドル歌手だった三田寛子さんがこの曲をカバーしました。続いては『踊り子』についてです。この曲は初恋に続くシングルです。

売上げは初恋より大分少ない10万枚でしたが、売上げよりも人々の心に染み入る楽曲となっています。また、メロディーラインに盗作疑惑を唱えるラジオリスナーもいたようですが、

この件については村下孝蔵さん自身コメントしておらず、当時ラジオ番組のパーソナリティーをしていたキダタローさんが、これをきっぱりと否定しています。

と言うのもキダタローさんの番組に、リスナーから葉書が来てそれが発端だったからです。

音楽は作っているうちに似てしまう事は良くある話で、偶然似てしまうと言う部分も大きい物ですし、良いメロディーラインは大体決まってしまっていますからね。

最後に村下孝蔵さんの楽曲『ロマンスカー』についてです。1992年に発売されたシングルであり、プロデューサーに尾崎豊さん等を世の中に送り出した須藤豊さんを迎えて制作されました。

村下孝蔵さんがこの曲を一番気に入っており、ヒットしなかったので落ち込んでいたようです。時代と少しズレてしまっていたのかレコード会社のプロモーション不足が否めないですね。

まとめ

今回は村下孝蔵さんについて触れてきましたが、残念な歌手を亡くしてしまったと感じてしまいますね。作品が残っていますのでいつでも聞くことが出来ますから、過去に帰る時間旅行も良いですね。

〔amazon〕村下孝蔵のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性歌手