フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

中島みゆきの現在。結婚してる?若い頃の評判は?「「時代」「わかれうた」の誕生秘話は?

2018/01/07


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕中島みゆき「縁会」2012~3 - LIVE SELECTION -

来年1月から映画館にて、中島みゆきライブセレクションを上映する事が決まり、今までチケットが取れず見る事が出来なかった人も、鑑賞できる事になりました。色々と新しい取り組みに挑戦されていますね。今回は中島みゆきさんを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 中島みゆき(本名 中島美雪)
  • 生年月日 1952年2月23日
  • 出身地 北海道 札幌市
  • 所属事務所 ヤマハミュージックエンターテインメントホールディングス
  • 所属レコード会社 ヤマハミュージックコミュニケーション
  • カテゴリー シンガーソングライター

現在。結婚してる?若い頃の評判は?「「時代」「わかれうた」の誕生秘話は?

今年の活動で言えば、4月から10月まで放送された倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの郷』の主題歌として起用された「慕情」【早期購入特典あり】(オリジナル・ポケットカレンダー付)がヒットして中島みゆきさんの存在感を示してくれたような気がします。

主題歌が流れ始めたのは4月、作品発売が8月とブランクが空いてしまった感じはありましたが、それだけ中島みゆきさんがこの曲に対して拘りがあってリリースまで時間が掛かった可能性があります。

また、11月にアルバム『相聞』が発売されたばかりでライブも以下の日程で開催中です。

(以下URL: http://miyuki.jp/yakai/より引用)

2018年 会場

  • 1月 9日(火) 大阪府・フェスティバルホール
  • 1月11日(木) 大阪府・フェスティバルホール
  • 1月12日(金) 大阪府・フェスティバルホール
  • 1月23日(火) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 1月25日(木) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 1月26日(金) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 1月30日(火) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 2月 1日(木) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 2月 2日(金) 東京都・Bunkamuraオーチャードホール
  • 2月17日(土) 愛知県・愛知県芸術劇場 大ホール
  • 2月18日(日) 愛知県・愛知県芸術劇場 大ホール

まあ、日程がわかってもチケットを取る事さえ難しいライブの1つで会場も大きいところを抑えていますが、ファンが全員納得しているかどうかはわかりません。続いては結婚しているかどうかです。


スポンサーリンク

一度も結婚はしておらず、生涯独身のようです。まあ一度松山千春さんと付き合っているのではと熱愛報道が出た事がありましたが、これについては松山千春さんが冗談めかして否定したのでそれ以上発展しませんでした。

続いては若い頃の評判について書いていきます。若い頃は失恋ソングを多く書いており中島みゆき=暗いと言うイメージを世間に植え付けてしまったほどです。中島みゆきを聞いて涙を流すそんな女性も多くいたようです。

芸能人でも和田アキ子さんは、中島みゆきさんのファンで涙を流していた女性の一人です。

続いては中島みゆきさんの楽曲『時代』と『わかれうた』について書いていきます。時代については中島みゆきさんの父親慎一郎さんが、デビュー9日前に倒れ、病院からポプコンの会場に行って歌った曲です。

この時代の裏側には、父親という肉親との別れがあったと言う事です。この曲を作ったときの年齢は23歳であり、この曲は中島みゆきさんのセカンドシングルになっています。また、コンテストでは別の曲を歌う予定でしたが、当日この曲に切り替えたようです。

結果として第10回のポプコンでグランプリを受賞し、その後世界歌謡祭でもグランプリを受賞するという快挙を成し遂げました。因みに中島みゆきさんのデビュー曲は『アザミ嬢のララバイ』です。

『わかれうた』は中島みゆきさんにとって5枚目のシングルで、オリコン1位を初めて取った想い出の楽曲です。また、松山千春の『時のいたずら』コード進行が一緒のため疑惑が持ち上がりましたが、わかれうたは1977年10月リリース、時のいたずらは1977年11月リリースとなっています。

綺麗に聞こえるコード進行のチョイスが似てしまった事は否定出来ないかも知れませんね。

いずれにしてもこれは偶然の一致と捉えて良いでしょう。

まとめ

今回は中島みゆきさんを掘り下げましたが、歌手としてのキャリアが長すぎてあまり触れる事が出来ませんでしたが、天才シンガーである事は間違いありません。今後も名曲を紡ぎ出していくと思います。

〔amazon〕中島みゆきのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手