フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性歌手

みなみらんぼうの現在の活動。娘が有名?「ウイスキーの小瓶」の誕生秘話は?

2018/05/27


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕みなみらんぼう全曲集 2016

山口さんちのツトム君の作詞、作曲者として有名なみなみらんぼうさん。この人が歌手と言うこともこの記事を書くまで知りませんでした。今回は色々な角度から掘り下げて書いて行きます。


スポンサーリンク

プロフィール

  • 氏名 みなみらんぼう (本名 南寛康)
  • 生年月日 1944年12月13日
  • 血液型 ?
  • 出身地 宮城県
  • カテゴリー 歌手 構成作家

現在の活動。娘が有名?「ウイスキーの小瓶」の誕生秘話は?

現在はスローライフを実戦する生活をしており、気が向いたら散歩に出掛けエッセーを書いて公式ウエブサイトに、掲載しているようです。歌手としての活動は2001年にアルバム『三十年目の途上にて』、2006年にシングル『道程』をリリースしています。

その他エッセー集をリリースするなど自分のペースで活動できている羨ましい人の一人です。現在ライブ活動などはしておらず、音楽活動もされていないようです。さて、少しプライベートに切り込んで行きます。

みなみらんぼうさんには、娘さんがいるようで名前を南芽衣さんと言い、以前はモデルをしていましたが、現在はヨガのインストラクターをしているようです。結婚した相手はボクサーをしている河野公平選手。

知り合ったきっかけは知人の紹介で、グループ交際していくうちに親密な交際へと発展していったようです。交際から一年程で結婚に至ったようですから、順調に交際を進めていったと言えます。

結婚相手の河野公平選手はボクシング漬けの生活を送っており、ストイックな人というイメージがありますよね。しかしながら、今後もボクサーとしてさらなる高みを目指して行けそうな気がしますね。


スポンサーリンク

父親であるみなみらんぼうもある程度の、世代にはとても有名な人ですが、そうでない世代の人にはイマイチな一人ではあります。そう考えると娘さんが結婚したことで再びみなみらんぼうさん自身も再び注目されましたね。

続いてはみなみしんぼうさんの、デビューシングル『ウイスキーの小瓶』について書いていきます。元々は中村雅俊さんのデビュー曲としてみなみらんぼうさんが作詞作曲した物でした。

というのも中村雅俊さんとみなみらんぼうさんは同郷であり中村雅俊さんに歌手としての才能を感じていたみなみらんぼうさんがウイスキーの小瓶を用意していたのです。しかし、中村雅俊さんは『われら青春』という青春ドラマの主役に抜擢されて俳優として成功しました。

その過程で作曲家いずみたくさんが作った曲『ふれあい』が主題歌に決まり中村雅俊さんのデビュー曲となりました。つまり、幻のデビュー曲となってしまった訳です。ドラマは青春物で、ウイスキーの小瓶は大人の歌イメージには合わないので仕方が無いことですね。

歌う人がいなくなった『ウイスキーの小瓶』は結局みなみらんぼうさんが歌うこととなりみなみらんぼうさんのデビュー曲となっています。曲には色々な歴史がある物で様々な課程があって世間に出ています。

一見すると悲しく見えるエピソードですが、仕方が無いことと言えるエピソードかも知れませんね。

まとめ

人生を考えるときに、若い頃輝いて晩年そうでもない方が良いのか、若い頃さほどでもないが年齢を重ねた後半にゆっくりと過せる方が良いのかを考えてしまいます。自分の考え方は人生の後半に困らない方を選ぶべきだと思いますね。

若い頃はバイタリティーもありますからある程度失敗を重ねても軌道修正を行なう事が出来るためです。しかし年齢を重ねて後半で失敗しても取り返しが付くケースが少ないからです。

みなみらんぼうさんを見る限り若い頃はそれなりに成功を掴んで、年齢を重ねた後半でも失敗も少なく自分のペースで生きられている事が良いことだと思います。ある意味では生き方その物がフォークソングという感じがしますよね。

フォークソングは、人生を写す音楽ジャンルとも言えますから、もう一度今の年代で歌える歌を歌ってほしいものですね。

〔amazon〕みなみらんぼうのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性歌手