フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

未分類

野本直美の現在。結婚してる?ライブは?「午後5時5分すぎ」「春よ来い 早く恋」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕野本直美/春よ来い、早く恋 +2

1980年代に活躍した野本直美さんを今回は掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 野本直美
  • 生年月日 不明
  • 出身地 不明
  • カテゴリー 歌手

現在。結婚してる?ライブは?「午後5時5分すぎ」「春よ来い 早く恋」の誕生秘話は?

現在は歌手活動をしていないようです。過去にリリースされた作品が再発売されると言う動きがありますが、本人が表舞台に出てくるという事はありません。続いて結婚しているか否かについてはわかりません。

従ってライブも行っているかどうかも解りませんでした。続いては楽曲「午後5時5分すぎ」「春よ来い 早く恋」について書いて行きます。「午後5時5分すぎ」はユーチューブに動画が残っていましたが、切ない楽曲であり居なくなった彼氏を思う歌です。

「春よ来い 早く恋」は、1984年に発売されたアルバム春よ来い、早く恋のタイトルチューンでした。この時の野本直美さんはフォーク色の強い楽曲を中心に活動していましたがセールスが芳しくなく路線変更をせざる終えませんでした。

そこでプロデューサーとして担当することになったのが高橋研さん、1980年代には翼の折れたエンジェルの中村あゆみさんをプロデュースしたことでも知られている。そして野本直美さんもロックアーティストへと転身を図るべくTHEFIREというアルバムをリリースしました。

80年代は女性ロッカー全盛期とも言えます。ソロボーカリストでは白井貴子さん、山下久美子さん、浜田麻里さん、バンド系ではプリンセスプリンセス、ショーヤ、等情勢が活発に活動する時代となっておりそこに野本直美さんを入れ込んでブレイクしないかと期待しましたが恐らくうまくいかなかったのでしょう。


スポンサーリンク

正直な話フォーク系からロック系に転身して成功した人はあまり知りません。個人的にはTHE ALFEEがフォークからロックに転身し成功したぐらいで、チャゲ&飛鳥はフォークからポップス系に横滑りに成功してブレイクしました。

まあそう言った形でうまい転身が出来れば生き残ることが出来た可能性は否定できません。

しかしその時には時期既に遅しそんな感じがあったと言えますね。

その後地方などでライブをしていたようですが、現在では姿を消してしまいました。元々はヤマハのポプコン出身者ですからシンガーソングライターとしての才能があることは既に証明されています。

しかし人の気を相手にして商売しているのが芸能人ですからね。人が飽きてしまったら昨日と同じ事をしても全然受け入れて貰えないという状況になり表舞台から消えていきます。しかし地道に音楽活動を続けていくことで再び表舞台に帰ってくるケースもあります。

しかし現在までの動きを見ていると表舞台に帰ってくる様子はありません。既に第二の人生をスタートしているのかもしれませんね。だとすると歌は家族や友人の前でしか歌っていないかもしれません。

まとめ

今回は野本直美さんの記事を書いてみましたが、インターネットに出てくる情報が少ないことに驚き、そして良い時代に歌手をやっていたんだなと感じました。今の時代表舞台から姿を消すとネット上にフェイク記事が残ってそれが真実になってしまうのでいつまでも辛い状況に変わりはなくなります。

今後恐らくコンサートみたいなものにも出演する事はないかもしれません。(一度、見てみたいという気持ちもありますが)野本直美さんを聞いた人の中だけで生き続けるそんな伝説的歌手になっていくと言えます。それはそれで歌手としての形はありだと思います。

個人的には、最初からロック売りをしておけばもう少し売れる確率が上がったのかもしれない後からの方向転換は失敗の確率が上がってしまうそんなことを感じてしまいました。

やはりアーティストは一人では活動が出来なくてそれをサポートするプロデューサーなどが居て売れるはずだとしてアーティストを引っ張っていきます。

しかし根拠がないので当るか外れるかはわかりません。

〔amazon〕野本直美のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-未分類