フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性歌手

ジョー山中の死因と歌手としての評価。生い立ちは?娘や息子は?「人間の証明」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]究極のベスト! ジョー山中

ジョー山中の死因と歌手としての評価。生い立ちは?娘や息子は?「人間の証明」の誕生秘話は?

歌手として活躍したジョー山中さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 ジョー山中 (本名 山中明)
  • 生年月日 1946年9月2日
  • 出身地 神奈川県横浜市
  • 活動期間 1966年~2011年

死因と歌手としての評価。生い立ちは?娘や息子は?「人間の証明」の誕生秘話は?

死因については、肺がんで死去64歳でした。死去の一年前に肺がんであることを公表していました。しかし、根治すること出来ず亡くなった日は2011年8月6日でした。肺がんは平成28年の厚生労働省が出しているデータで男性1位、女性で2位、というぐらいポピュラーながんです。

歌手としての評価は3オクターブの音域とハーフならではの独特のリズム感を持ち独特な世界観を作り出すことが出来る歌手でした。たくさんのバンドを作っては渡り歩いたという波乱万丈の音楽人生を過ごしたといえます。

歌手として歌いこなしたジャンルは、AOR,ファンク、ソウルとブラックミュージック系の楽曲が多かったようです。違法薬物に手を染めているため歌手としての正当な評価が難しいというところがあります。

生い立ちについて、父親は日本に駐屯していたアフリカ系アメリカ人の米兵、母親は日本人女性で7人兄弟という環境で育ちました。ジョー山中さんが唯一のハーフで小学生の時に母親が他界し家も火事で失い神奈川の養護施設を転々として育つ苦しい時代を経験しています。

現在でもハーフなどへの差別や偏見など完全になくなったとは言えない世の中ですが、ジョー山中さんの時代は現在よりもっと差別や偏見が強く、どうにもならない葛藤の中で喧嘩三昧の日々を過ごしていました。

そんな中でプロボクサーとして金平ジムからスカウトを受けてプロボクサーデビューをしましたが、長続きはせずに割と早い時期に引退しました。

夢をシンガーに見定めていくつかのバンドを経験した後、1966年GSグループ491フォーナインエースというグループでボーカル城アキラとしてデビューしました。翌年、内田裕也のバンドフラワーズのライブ会場に観客としてきたジョー山中さんの風貌に一目ぼれし内田裕也さんのバンドに強引にスカウトされました。


スポンサーリンク

バンドはその後、フラワー・トラヴェリン・バンドと改名し1970年カナダにわたりツアー開催、人気を不動なものとしました。また、カナダでリリースした『SATORI』はカナダの音楽チャートで一位を獲得しました。

バンド活動もうまくいき、日本のミュージシャンが海外に挑戦しても成功するという軌跡を作りましたが、1973年にバンドは解散しソロとなりました。その4年後映画人間の照明への出演チャンスが訪れて出演しました。

役どころはニューヨークから東京にやってきたが何者かに殺されてしまうハーフという役どころで難役でしたが、見事演じ切り生涯を通して当たり役を掴んだといわれています。しかし、人気絶頂のさなか違法薬物に手を出して芸能活動はとん挫、活動停止に陥りました。

現在は、違法薬物に手を染めた場合。よほどでない限り表舞台に過去と同じように活動することは相当難しい時代となりました。違法薬物に対して認知度が高くなったことと依存性が高いということがあるため手を差し伸べてもまた繰り返すつまり裏切られることもあるので一度手を染めると厳しいというのは現実です。

しかし、ジョー山中さんが逮捕されましたが、才能が状況を一変させ一時停滞していた時期もあり、その後も音楽活動に邁進し90年代にはいるとボランティア活動に精を出すなど社会貢献にも寄与しました。

2000年代には、若かりし頃組んでいたバンドも復活させ北米ツアーも再び成功させました。幼少期はかなりつらかったのですが、才能がジョー山中さんの人生を救ったといえます。ここからは娘や息子について書いていきます。

娘は山中マイさんでミュージシャンとして活動しており、2013年に配信ではありますが『人間の証明』をカバーしています。息子さんは山中ひかりさんで父親のジョー山中さんのライブMCとして活動していました。

ここからはジョー山中さんの楽曲『人間の証明』について書いていきます。原詩は西條八十の詩『帽子』を角川春樹が英語詩に訳しジョー山中さんが歌詞に仕立てて大野雄二さんが曲をつけて完成しました。

50万枚の大ヒットを記録しましたが、ジョー山中さんが違法薬物に手を染め逮捕されたことが影響しテレビなどで歌ったことはありません。また、一時ラジオなどでもこの曲が流れることはありませんでした。

まとめ

壮絶な人生を過ごしましたが、ミュージシャンとしてはヒットソングも持っているしバンドで海外公演を行うなど満たされたものだったのではないかと考えています。

👉〔amazon〕ジョー山中のCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-男性歌手