フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性グループ

バンドBOWWOWの現在。メンバーは何してる?ライブは?「Volume On 」「欲しいのはおまえだけ」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]Bowwow Super Live 2004

1970年代から活動を続けるバンドBOWWOWについて色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • バンド名 BOWWOW
  • 活動開始 1975年
  • カテゴリー ロックバンド
  • 所属事務所 ワイルドランドアルト企画

現在。メンバーは何してる?ライブは?「Volume On 」「欲しいのはおまえだけ」の誕生秘話は?

バンド自体は今も活動を継続しています。しかし、CD「KING OR QUEEN」を2014年にリリースした後、ライブなども行っていません。次はどのようなアクションを起こすのかとても楽しみです。

ここからは、メンバーは何をしているのかについて書いていきます。

山本恭司 Guitar&Vocal

結成当時からのメンバー、1990年にバンドが解散するとサポートやソロミュージシャンとして活動を続けてきました。1995年に再結成し現在に至ります。

斉藤光浩 Guitar&Vocal

BOWWOWには1976年に加入、一度83年に脱退しARBやONE BOY PLAYERS、田中一郎に加入その後BOWWOWに復帰、現在に至ります。

新美俊宏 DRUM

バンド結成時からBOWWOWに在籍しており現在も続けています。

ここからは、昔いたメンバーについて書いて行きます。

佐野賢二 Bass

現在の活動状況は不明です。

人見元基 Vocal

現在は一線を退く宣言をしていますが、ミュージシャンを辞めたわけではありません。

厚見玲衣 Key

1984年から1990年まで在籍しその後サポートミュージシャンに転身、音楽プロデューサーとしても活躍しました。

ニール・マーレイ Bass

1987年~1989年3月まで在籍、その後ブラックサバスでも活動しました。

マーク・D・グールド Bass

現在の活動状況は不明です。

堀江哲也 Vocal

現在の活動状況は不明です。

八重樫浩士 Guitar

1994年BOWWOWに加入、その後は音楽プロデューサーや他のバンドなどに参加しています。


スポンサーリンク

満園庄太郎 Bass

1989年にBOWWOW加入、バンド解散後は色々なミュージシャンのサポートミュージシャンとして活動しています。

満園英二 DRUM

1989年にBOWWOW加入、その後様々なバンドで活動しています。

活動暦が長いだけに様々なメンバーが様々入れ替わっています。バンドをよりよくするために致し方なかったと思います。今後もメンバーが入れ替わる可能性も否定出来ません。ライブについては現時点で新しい予定はありません。

ここからはBOWWOWの楽曲「Volume On 」「欲しいのはおまえだけ」について書いて行きます。「Volume On 」はビクター音楽産業からリリースしたデビューシングルでどの程度売れたのかは解りません。

作詞、吉田健美 作曲、山本恭司のコンビで製作されました。内容的にはボリュームを上げて嫌なことをかき消せみたいな歌になっています。YouTubeを検索していたら昔銀座NOWというバラエティー番組に出演して演奏していました。

当時はアナログレコードでしたが、デジタル技術が発達した現在、再レコーディングしたらどのぐらいサウンドだけでも格好良くなるのか試して見たいです。続いては、「欲しいのはおまえだけ」グループサウンズのようなサウンドになっており当時の音楽に合わせようとしてわざとそういう音楽にしたと思います。

当時どれ位売れたかは解りません。作詞 有川真沙子 作曲 斉藤光浩で4枚目のシングルでした。自分達がやりたい音楽をやるために致し方なく時代に寄せたような作品と言えます。

まとめ

今回はBOWWOWを取り上げてきましたが、個人的には人見元基さんがVocalをしていたのを覚えていますが、バンドがかなり歴史が長く今後もいろいろとメンバーを入れ替えながら活動を継続していきそうな予感があります。

オリジナルメンバーで結成から解散まで行ければ良いのですが人間同士が一緒にやることなので中々その思いが最後までメンバー全員が同じと言う事は無くなってしまうのでそうなるとバンドが解散されたりメンバーチェンジされて行く物です。

これは致し方なく音楽を続けたい人はバンドを辞めてソロやサポートミュージシャンになって行くのです。

👉〔amazon〕BOWWOWのCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ