フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

木之内みどりの現在。夫は竹中直人?子供は?「あした悪魔になあれ」「横浜いれぶん」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]木之内みどり★BEST MYこれ!クション

アイドルとしてデビューし、芸能界の仕事をすべて放棄し駆け落ちし芸能界引退した木之内みどりさんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 木之内みどり
  • 生年月日 1957年6月10日
  • 出身地 北海道 小樽市
  • カテゴリー アイドル
  • 活動期間 1974年 ~ 1978年

現在。夫は竹中直人?子供は?「あした悪魔になあれ」「横浜いれぶん」の誕生秘話は?

現在は芸能界を引退しており、マスコミの前に出てくることは殆どありません。したがって、現在どんな風貌をしているのか?などは確認することが出来ません。今後も出てくることはおそらくないと思います。

木之内みどりさんは二度結婚しており、一度目の結婚は作曲家の後藤次利。交際スタート時は後藤次利氏と木之内みどりさんは不倫関係にあり、アイドル歌手としてブレイクし絶頂期の時に仕事を放棄して二人で駆け落ちを断行。

その後、後藤次利さんと前妻の間で離婚調停が行われ離婚が成立。後藤次利さんと入籍し結婚しました。しかし、他人の家庭を壊したので自分の家庭も壊れます。それは堀ちえみさんとの密会報道が出てあえなく離婚という形となりました。

また、このごたごたの際には違約金が発生していたのです。なぜかといえば会社間で契約を結んだビジネスだったにも関わらず一方的に破棄したため当時所属していた浅井企画は多額の違約金を支払う展開となりました。代わりに萩本欣一さんがCMやその他の仕事を引き受け最小限のダメージに食い止めました。

もし萩本欣一さんがこの仕事を引き受けられなかったら、浅井企画は破産して事務所として存在していなかった可能性があり、萩本欣一さんは最大の功労者ともいえるでしょう。昭和の視聴率男といわれたこともある伝説のコメディアンです。


スポンサーリンク

離婚後は芸能人ではなくカメラマンに転身し、元所属していた浅井企画のタレント宣材写真の撮影をしたこともあったようです。その後、1990年に竹中直人さんからアプローチを受け交際し結婚しました。

因みに竹中直人さんはファンだったので望みがかなった形となりました。結婚は都合2回。竹中直人さんとの間には男の子と女の子が二人いて、長女は現在31歳で2017年に結婚されたそうです。

現在は孫の相手に毎日多忙な日々を過ごしていると思います。きっときれいなばあばとなっていることでしょう。ここからは木之内みどりさんの楽曲「あした悪魔になあれ」「横浜いれぶん」について書いていきます。

「あした悪魔になあれ」作詞、阿久悠、作曲、三木たかし。オリコンヒットチャートインせず、セールスデータは不明です。見た目はおとなしいけど本当は大胆なことを考えているといったような女の子の恋愛に対する本音を書いた曲です。

歌はあまり下手ではないのですが、なぜか売れませんでした。その理由は判りません。「横浜いれぶん」はオリコン最高28位。作詞、東海林良 作曲、大野克夫のコンビで製作されました。

刑事犬カールの主題歌だった『走れ風のように』が売れた後だったのでその余波である程度の売り上げを稼ぐことが出来ました。また、清純路線に別れを告げ大人の女性路線売りの第一歩としてリリースしたレコードでした。

売上はオリコン最高28位とスマッシュヒット、年末の賞レースに絡むこともなく年間売上ランキングにも入らなかったのですが、当時のファンの記憶の中でこの曲は残り続けており特異な曲となっています。

結局シングル13枚、アルバム9枚をリリースして21歳の若さで芸能界を引退しました。歌はそれなりに上手かったことと顔が可愛かったのでファンは多かったと思われますが、レコードが売れた時期は比較的遅く賞レースや紅白に出場したことはありません。

まとめ

男性と逃避行した芸能人はその後仕事が出来づらい状況になります。やはり芸能界の信用を失ってしまうからでしょう。昨今不倫しても活動自粛の社会的ペナルティーを受け復帰した後も思ったような仕事は出来なくなってしまいます。

いずれにしても恋愛にどっぷりはまり、成就すればいいのですが失敗すると計り知れない傷を負うことになることは確かのようです。

👉〔amazon〕木之内みどりのCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手