フォークソングカフェ

フォークソングの伝説のアーティストや名曲を語るブログ

男女グループ

五つの赤い風船のメンバーは今現在何してる?「遠い世界に」「恋は風に乗って」の誕生秘話は?

2017/07/29


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕〈COLEZO!〉遠い世界に/五つの赤い風船 BEST SELECTION

フォークソングを語る上で外すことが出来ないグループ『五つの赤い風船』今回は現在のメンバーが何をしているのか?等を掘り下げて行きます。

プロフィール

グループ名 五つの赤い風船

  • 結成 1967年
  • 活動期間 1967年~1972年
  • 再結成  2000年~
  • レコード会社 ビクターレコード
  • 所属事務所 アイノア

メンバー

  • 西岡たかし ボーカル ギター
  • 中川イサト ギター
  • 竹田裕美子 キーボード
  • 青木まり子 ボーカリスト

  • 藤原秀子
  • 有山じゅんじ
  • 喜田年亮
  • 長野隆
  • 東祥高
  • ながいよう
  • 金森幸介

メンバーは今現在何してる?「遠い世界に」「恋は風に乗って」の誕生秘話は?

他のフォークグループのように、解散しメンバーがバラバラになっている訳ではなく、2000年に再結成をしています。現在のメンバーは4人ギター、ボーカルの西岡たかしさんは五つの赤い風船の結成当時からグループに在籍しています。

ギター中川イサトさんも西岡たかしさん同様結成時からのメンバーですが、1969年に脱退1975年に再加入しています。2000年に再結成した後もソロとして仕事をしています。ライブなども定期的に開催されています。アルバム22枚をリリースする等年月を重ねても精力的です。(中川イサトオフィシャルホームページURL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/n-1310/

竹田裕美子さんは、ステージデビューがなんと『五つの赤い風船』の解散コンサートだったというエピソードの持ち主、その後2000年に再結成した際加入しました。スタジオミュージシャンとしても活動をしているのでキャリア長いキーボディストです。


スポンサーリンク

青木まり子さんはフォークコンテストオーディション出場し優勝をさらうコンテストあらしの異名を持っていました。フォークデュオジャネッツのメンバーとしてデビューシングル6枚アルバム1枚をリリースしました。

その後フォークグループシモンズのボーカリストとしても活躍しましたが、2000年から『五つの赤い風船』のボーカリストとして加入しました。精力的にソロとしてもゲスト出演なども行なっています。

続いては楽曲誕生秘話について書いて行きます。まずは「遠い世界に」元々は関西のアンダーグランドレコードクラブURCからリリースされたアルバムの一曲でしたが、ビクターレコードからメジャーデビューをしたのを機に「遠い世界に」シングルレコードで1969年5月にリリースされました。

作詞作曲はリーダーの西岡たかしさん。安保闘争で世の中が混沌とする中リリースされた作品、レコードは当時の生活環境下で買えなかった庶民にもラジオなどを通じて浸透したようです。

そしてその様な混沌を打ち破りたいそんな想いとヒーリング効果がある声で当時の庶民たちをいやした物と思います。「恋は風に乗って」いつの時代も変化がない恋歌が歌われています。作詞作曲は西岡たかしさんです。

まとめ

元々結成時は関西が拠点だったので、URCレコードからも作品をリリースしていたという事でした。今でいうところのインディーズレーベルですから、メジャーのレコード会社では色々な柵があって作品化出来ない物を作品化出来る唯一の場所でした。

そんな状況の中でリリースを続けて来ましたが、やはりメジャーレーベルへ行く事になって作品をリリースする事が出来たため、沢山の人に音楽を届けることが出来たのだと思います。

また、少し驚いたのは2000年に再結成をして活動を再開したことです。ファンは応援していたグループが復活するといえば喜んで見てくれますので体が元気で動くうちは活動を継続してほしいものです。

フォークソング歌手と言われた人は、なぎら健壱さんを筆頭にとても元気で頑張っているし何よりも音楽と向き合うときに楽しんでいる姿を見ていると1960年代からミュージシャンをしている人は精神的にも人間的にも強い人たちが多いそんなイメージを持ちました。

また何かの事情で放送禁止になってしまった歌や発売中止になった等の御上の気まぐれで表現の舞台を失う人たちもいたほど 混沌とした時代を生きた歌がフォークソングのような気がします。

〔amazon〕五つの赤い風船のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男女グループ