フォークソングカフェ

フォークソングの伝説のアーティストや名曲を語るブログ

男性グループ

H2O(歌手)の現在。メンバーの現在の活動は?「想い出がいっぱい」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕H2O ベストアルバム 思い出がいっぱい EJS-6138-JP

『想い出がいっぱい』でお馴染みのH2Oを色々な角度から掘り下げます。

プロフィール

  • グループ名 H2O
  • 活動期間 1976年~1985年
  • メンバー 中沢けんじ 赤塩正樹
  • カテゴリー シンガーソングライター

現在。メンバーの現在の活動は?「想い出がいっぱい」の誕生秘話は?

実は、1999年から2001年の間一度再結成されましたが、現在また活動休止状態です。そのため今のところレコード会社からリリースされるベスト盤が最新版と言うことになります。

メンバーの現在についてまず中沢しんじさんは、ソロアーティストとして活動中で2015年にアルバム『35』をリリースしました。それ以外では有吉反省会などのバラエティーに出演してH2O時代の話をする等活躍されています。

ライブ活動については以下の通りです。(URL: http://kenji-nakazawa.com/より引用)

Christmas LIVE なかざわけんじ

  • 日時:2017年12月25日(月)
  • 開場:18:30 開演19:30
  • チケット前売¥3,500- 当日¥4,000-
  • 会場:Live Spece ミルフル
  • アクセス:〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘2丁目215
  • 予約・お問合せ:0942-84-8852(ミルフル)
  • 営業時間11:00~18:00 定休日:日曜

TAROCY MUSIC

  • 日時:2018年1月13日(土)
  • 開場13:30 開演14:00
  • チケット前売3000円 予約・当日3500円(ドリンクチャージ不要)
  • スペシャルゲスト:なかざわけんじ
  • 出演:R!N / 南沙椰 / ヒサ絵 / CJ Li  / 花野(オープニングアクト)
  • 会場:上野の森キリスト教会
  • アクセス:〒110-0015 東京都台東区東上野5丁目11−9(上野駅入谷改札を出て徒歩10分)

Kenji & Yumi Together agein! @Yellow Ribbon Vol.2

  • なかざわけんじ&Yumi Godsey with キーボードChiezo
  • 日程:2018年1月15日(月)
  • 開場:19:00 開演20:00
  • charge:¥3000
  • 会場:イエローリボン
  • アクセス:〒662-0075 兵庫県西宮市南越木岩町2−24

一人で回れるところをくまなく回るそんなイメージがあります。今後もこのスタンスの活動が続いていくでしょう。


スポンサーリンク

続いてはもう一人のメンバー赤塩正樹さんですが、H2O解散後は渡米してニューヨーク大学教育学部を卒業しました。帰国後音楽出版のフジパシフィック出版の専属作曲家として音楽界に復帰。

現在プロデュース会社AKAプラネットを設立し、コンサルティング業務やアーティストプロデュースを行っています。いずれにしても音楽業界にはまだいて次世代のアーティストを作る役割を担っています。

また、個人としてもアーティスト活動を行っており時折ライブ活動を行っています。直近の予定は以下の通りです。

クリスマスディナーライブ

  • 赤塩正樹 Vo Gt Pf 塚尾桃子 Cello 赤江隼平 Concierge
  • 12月23日(土)17時〜カクテル, 18時〜開演

(オフィシャルホームページより引用)

それ以外の予定はオフィシャルホームページ(URL: http://aka-planet.com/)を参照して下さい。

続いてはH2Oの楽曲『想い出がいっぱい』について触れて行きます。1983年にリリースされた5枚目のシングルです。当時の事務所はアミューズでしたが、在籍して4年間デビューする事が出来なかった苦労人でもあります。

この曲が売れる前まではデビュー時、映画版翔んだカップルの挿入歌としてローレライが起用され、また、同タイトルのドラマがテレビで放送された際に僕等のダイアリーと立て続けに発売した物の、知名度は低いままでした

そんな中で、当時所属していたキティーレコードの親会社キティーフィルムがアニメみゆきを映画化すると言う話が持ち上がり、今まで自分たちで歌を作るスタイルだったH2Oが歌うことになりました。

この曲は、作詞 阿木燿子 作曲 鈴木キサブローというプロの作家の作品でしたが、曲の内容が素晴らしいので歌うこととなり、発売した年の夏頃から徐々に火がついて代表曲となりました。

この曲が発売されて以後、世の中のH2Oに対する態度が一変しラジオ局やテレビ局が手のひらを返したように良い扱いをしてくれたと言います。ヒットしてこその芸能界という刹那的な部分を感じてしまいますね。

まとめ

今回はH2Oに触れて記事を書いてきましたが、お互いにそれぞれの場所で音楽活動をしており今後何かの機会で再結成の可能性はあります。

〔amazon〕H2OのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ