フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

朝倉理恵の今現在。結婚してる?ライブは?「あの場所から」「目覚めた時には晴れていた」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕朝倉理恵/あの場所から +2

過去の歌手として活躍していた朝倉理恵さんを掘り下げていきます。


スポンサーリンク

プロフィール

  • 氏名 朝倉理恵(旧芸名 桜井妙子)
  • 生年月日 1953年4月5日
  • 出身地 東京都
  • レコード会社 ソニーレコード

今現在。結婚してる?ライブは?「あの場所から」「目覚めた時には晴れていた」の誕生秘話は?

現在の活動状況は、不明です。最後に在籍していたソニーレコードで歌手活動を終えた後、山口百恵などを世間に送り出した。酒井政利さんの秘書をやっていたという話が聞こえてくるぐらいで今のところよくわかりません。

結婚しているかどうかについては、調べてみましたが解りませんでした。芸能界を引退しているのは確かで、その後の足取りがわかりません。ライブについても現在行われる予定はありません。

続いては、朝倉理恵さんの楽曲「あの場所から」について触れていきます。この曲は子供のころに本名の桜井妙子で歌手活動を行っており、その後ソニーレコードのオーディションンに合格し、デビュー曲としてリリースしたものです。

作詞、山上路夫、作曲、筒美京平でデビューし、オリコン48位という好成績を収めました。

しかし、思ったより世間には浸透しなかったものの、ソニーレコードで歌手活動を続けていました。

続いては、「目覚めた時には晴れていた」についてです。作詞 阿久悠 作曲 坂田晃一でセカンドアルバム、誰のために愛するかの中に収録されています。元々は赤い鳥が歌っていたもので、ビリーバンバンや朝倉理恵さんが歌いました。元の曲は、日本テレビで放送されていた2丁目3番地の主題歌として使われていたので、知名度も高いはずです。

朝倉理恵さんの場合は、アルバムの中に収録していたのでファンの人には知られた作品となっています。


スポンサーリンク

まとめ

今回は、朝倉理恵さんを掘り下げてきました。子役時代から歌手として活動していたという事から考えても、歌の素質はあり売り出し戦略次第では売れたのかもしれないそんなことを考えてしまいました。

結局ソニーレコードでシングル10枚、ベスト版含む4枚のアルバムをリリースしました。歌手活動後期は、アニメソングなどをカバーしていたようで相当歌手活動の部分では苦労していたようです。

芸能界引退の要因は事務所のドタバタに巻き込まれたことによる疲弊で、引退したようです。その後冷却期間を置いて再び歌手として活動を再開しましたが、その時はどこへも所属しないフリーという立場で芸能活動を行っていました。

その後、一般人となりソニーレコードに入社し、音楽活動は行わなかったようです。確かに器用すぎても売れないし、不器用すぎても売れません。色々なことがばっちりと組み合わさったときに芸能人はうまく売れていくのかもしれません。

それを考えていくと朝倉理恵さんの場合は、大人の事情に巻き込まれ忙殺されたそんな感じがあります。一度引退状態となっても芸能界に細々と復帰する人はいますけど、どうやらそのようなこともないようでグーグルでニュース検索を行っても最近の活動状況はうかがい知ることは出来ず、当時芸能界を見ていた人たちの記憶の中に生き続ける存在となっています。

あの人は戻ってこないのかな、そんなことを考えている人もいるかもしれません。ある意味では初志貫徹な人または、芸能界の汚い部分を覗いてしまい若干嫌になったというのが本音かもしれませんね。

今の芸能界でも歌がうまいのに売れない人というのは、いくらでもいます。あの人もう少しこうだったら売れるのにな、なんてことを考えながらテレビを見てしまいますね。やはりそういった芸能人は才能が有るけどうまく発揮できないそんな感じがします。

その割にはあまり芸能人として才能がないけど、なんかテレビにたくさん出演している人もいるわけです。そういう人は処世術が上手いのかもしれません。

〔amazon〕朝倉理恵のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手