フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男性グループ

こおろぎ '73の現在。メンバーは何してる?ライブは?「いつの日か」「キャプテン」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]こおろぎ’73 スーパーベスト

こおろぎ '73を色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • グループ名 こおろぎ '73
  • カテゴリー コーラスグループ
  • 活動期間 1972年~1990年

現在。メンバーは何してる?ライブは?「いつの日か」「キャプテン」の誕生秘話は?

こおろぎ '73の現在については、1990年に解散。その後、参加作品だけは程よくリリースされています。また、後に触れますがメンバーが個人的にライブに参加している程度です。

ここからはメンバーについて書いていきます。

大倉 正丈 パート セカンド → トップ

1973年4月から、こおろぎ '73に参加しました。一時リーダーを務めていましたが、1990年に事実上の解散となると、ソロボーカリストに転身しましたが、1994年頃芸能界から退いています。

上野 博樹 パート バリトン→セカンド

1977年から参加しており、1990年まで参加していましたが、その後引退しました。

津島 隆文 パート バリトン → ベース

こおろぎ '73結成時から参加、1990年に芸能界から引退しました。

まき のりゆき パート:セカンド

1972年から1973年の1年間、グループに参加、NHKの番組にてヤング101に選ばれたためグループを脱退。その後、JES(ジャパン・エコー・シンガーズ)を主宰現在カラオケ指導と詩吟の指導を続けています。

さと まさのり パート:トップ → バリトン

1983年にグループを離れて、ソロに転身しました。現在も舞台やラジオ、声優として活動しています。

岸 龍也 パート:ベース

1977年までしかグループに在籍しておらず、その後芸能界を引退しました。

 

ライブは、2018年今人はっぴょう会に参加しています。しかしながらメンバー全員ではなくさとまさのり、岸龍也さんの2人が参加していました。このライブは毎年開催されていましたが入場無料です。


スポンサーリンク

因みに、今年はライブ自体が開催されていません。状況については、個人の方が関連情報を知らせてくれるサイトを運営されています。

http://krg73.net/

をチェックしてみるといいと思います。

こおろぎ '73の楽曲「いつの日か」については、新サイボーグ009の主題歌で作詞は八手三郎。これは東映がアニメや特撮の作詞を手掛けるときに付けたペンネームで作詞チームです。

作曲は平尾昌晃、アニメのエンディングテーマソングですがかなりの名曲に仕上がっています。また、作詞は東映の作詞チームなのでアニメのエンディングを意識して作られていますが、平尾昌晃さんの曲もとても良い感じです。

続いては「キャプテン」ですが、こおろぎ '73とキャプテンが良く一緒に検索されております。実際は「キャプテン」の楽曲をこおろぎ '73が歌った履歴はありませんでした。また別名で歌ったのかと思い調べてみましたが、そうでもありませんでした。

因みに「キャプテン」を歌っていたグループは99ハーモニーというグループの歌唱でした。因みにアニメ放送が1980年代でしたが、その頃特撮HEROの歌を中心に歌唱活動をしていました。

まとめ

こおろぎ '73について書いてきましたが、メンバー自体は殆ど芸能界を離れている人達ばかりですね。確かに、ある一定の音域だけが得意となるとオペラか何処かの楽団に入ってコーラスパートを任されるパターンです。

しかしながら、どこの楽団もあまり募集を掛けておらず欠員が出るとそこでオーディションを開いて入団を決めるという形になるので、中々そのパートが空かないと言う事も考えられたため芸能活動は難しくなったのかもしれません。

グループ自体は1990年に解散していますので、その後の新しい動きはありませんが特撮、アニメ、ドラマと多岐にわたる楽曲を残しており、その度にCDが再発売されているので手に取ることも出来ると思います。

また、サブスプリクションサービスでも聞くことが出来ます。それだけ色々な世代に沢山の楽曲を残したと言う事になります。今でもコーラスグループというのは存在していますが、音楽大学を出た人達で構成されているため、歌唱しているのは童謡などが殆どです。

👉〔amazon〕こおろぎ '73のCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-男性グループ