フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性グループ

ピンク・ピクルスの現在の活動は?メンバーは何してる?「僕にさわらせておくれ」の誕生秘話は?

2018/12/02


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕FOLK FLAVOR

伝説のフォークソンググループ、ピンク・ピクルスを今回は掘り下げて行きます。


スポンサーリンク

プロフィール

  • グループ名 ピンク・ピクルス
  • 活動年1970年
  • カテゴリー フォークグループ
  • 所属レコード会社 テイチクエンターテイメント/徳間ジャパン

メンバー

  • 茶木みやこ(ギターボーカル)
  • 小林京子 (ギターボーカル)

現在の活動は?メンバーは何してる?「僕にさわらせておくれ」の誕生秘話は?

現在ピンク・ピクルスは2016年44年ぶりに再結成し、NHKBSの番組で久しぶりに歌を歌いました。その後本格的にグループ活動をするのか?と思われていましたが、これだけのようで再び活動する予定は無いみたいです。

ピンク・ピクルスについては1970年から72年の2年間のみの活動で解散しました。

その後、メンバーの茶木みやこさんはソロアーティストに転身しました。シングルやアルバムオムニバスアルバムなど現在でも音楽の世界で活動を続けています。

一時は結婚し育児や家庭生活を優先させていたので、音楽活動を休んでいる時期もあったようです。現在はまたソロアーティストとして活動を再開させています。直近のライブ活動を掲載しておきます。

http://www.chakimiyako.com/index1.htmlから以下引用)


スポンサーリンク

7月2日(日) 京都「Kenny’s」

  • Kenny’s アンコールライブ   茶木みやこ Meets 永冨研二とテネシーファイブ
  • 京都市北区南上総町75
  • open:13:45  start:14:15
  • 料金:¥3000(1ドリンク付)
  • お問い合わせ:075-451-3797

7月 8日(土) 滋賀・石山「muse cafe ナチュレ」

  • 大津市粟津町5-5
  • open:18:30  start:19:00
  • 料金:¥3500(1ドリンク付)
  • お問い合わせ:077-532-1405
  • *JR石山駅、京阪石山駅下車、駅から徒歩1分  1Fがシフォンケーキの美味しいカフェになっていて、その2Fのスタジオでライブです。

<夏の九州 TRAVELING TOUR 2017>

7月21日(木) 長崎「フォーク酒場 1970」

  • open:19:30  start:20:00
  • 料金:¥3500(1ドリンク付)
  • お問い合わせ:080-6447-2666

7月22日(金) 熊本「くまもとフォーク村」

  • open:18:00  start:19:00
  • 料金:¥3000(1ドリンクオーダー)
  • お問い合わせ:090-9560-7210

7月23日(土) 宮崎「ガーラム」

  • open:19:00  start:20:00
  • 料金:¥3000(1ドリンク付)
  • お問い合わせ:090-5298-6296

<信州から日本海へ TRAVELING TOUR>

7月28日(金) 長野「ミュージックコート HANA」

  • 松本市中央2丁目4-18
  • open:18:30  start:19:30
  • 料金:¥3500 +オーダー
  • お問合せ&ご予約
  • 080-1116-2252(ACT9)
  • 0263-87-0873(HANA)

7月29日(土) 長野「Rosebery cafe」

  • open:18:30  start:19:00
  • 前売り:¥3500  当日:¥4000(ドリンク別途)
  • お問い合わせ:026-266-0190

7月30日(日) 新潟・上越「町家交流館 高田小町」

  • 上越市本町6-3-4
  • open:16:30  start:17:00
  • 前売り:¥3500  当日:¥4000
  • お問い合わせ:LINEBOX 090-2405-7411

7月31日(月) 石川・羽昨郡「ペンション&カフェ クルーズ」

  • お問い合わせ:076-732-3896
  • 詳細後日

 

現在でも日本全国を飛び回り音楽活動を継続していますので、興味のある人はググってみると面白そうですよね。

相方の小林京子さんは現在オーストラリア人と結婚し幸せに過ごしています。

ピンク・ピクルスについては所謂カレッジフォークと言う奴で、大学生がフォークギターを持って歌う当時はやったフォークソングの新たなジャンルと言えます。ピンク・ピクルス事態も二人とも同志社女子大学に籍を置く大学生時代に結成しその後、2年間だけ活動すると行った短期間の形で終わってしまいました。

結局一人の道や僕にさわらせておくれ、LPアルバム1枚をリリースして解散しました。恐らく大学卒業を機に解散したのかも知れませんね。さて、ここからは僕にさわらせておくれがどの様にして誕生したのかを書いて行きます。

この曲の作詞作曲は、戸田良子大杉文雄二村健二、大阪のラジオ局MBSヤングタウンでこの曲へのリクエストが相次ぎ、この曲はピンク・ピクルスのデビュー曲となり、1971年3月26日発売されました。

この曲は友人が作った曲をたまたま歌い録音したテープを毎日放送に送った事で運良く放送されて世間に知られるようになった。というラッキーソングといえます。

今のラジオ局で、素人が作った曲を放送に載せてくれるところは殆どありません。その代わりソーシャルメディアや動画サイトで自分の活動をアピールする事が出来るようになりました。

また、昔はラジオ局で新人発掘の意味合いで素人の作った良い曲を積極的に世間に出してあげようとする良い時代とも言えるかも知れません。

まとめ

今後本格的な活動は無さそうですが、茶木みやこさんの活動を追いかけておけばピンク・ピクルスの楽曲を聴く事が出来そうです。

〔amazon〕ピンク・ピクルスのCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性グループ