フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

高田真樹子の現在。結婚してる?旦那は?「私の歌の心の世界」「不機嫌な天使」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:〔amazon〕屋根 [EPレコード 7inch]

ヤマハのポプコン出身者高田真樹子さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 氏名 高田真樹子
  • 生年月日 1953年9月2日
  • 出身地 新潟県
  • カテゴリー シンガーソングライター

現在。結婚してる?旦那は?「私の歌の心の世界」「不機嫌な天使」の誕生秘話は?

高田さんは出身地新潟県に戻り、2002年に女性限定のボーカルレッスンスタジオを立ち上げました。また、カルチャースクールNHK文化センター新潟教室にて歌声喫茶という講座を持っていたようです。ただ、現在のところホームページは閉鎖されているのか、「高田真樹子 ボーカルスクール」と検索するとアーカイブとして当時の画像が引っかかってきます。


スポンサーリンク

現在は「サロン・ド笑天街」(facebook)というサロンで定期的にイベント出演をされているようで、新潟県内で活動をされています。

作品をリリースしているわけでは無いので、現在の活動状況が見えてこないだけで新潟にて細々と音楽活動を続けているようです。さて結婚しているか?についてです。1978年に結婚しました。

相手がどの様な人なのか?子供がいるのかなどは不明です。実に19年間も音楽界から遠ざかっていました。ですが、1997年突如音楽活動を再開し2年後の1999年に光のページェントという新曲をリリースしました。

因みに高田真樹子さんがデビューした1973年のポプコンの主なメンバーとしてはグランプリに小坂明子さんがあなたという曲がありますし、最優秀曲には上条恒彦さんが歌ったさよならの世界という曲もありました。それだけ優秀な逸材がエントリーしていたと言うことになります。


スポンサーリンク

因みにこの後、上条恒彦さんは俳優や歌手として活躍しましたし、小坂明子さんは現在もステージに立っています。やはり芸能界に残り続けるにはなにか特別な才能がないと厳しいと言うことと、スピリチュアル的な事も関係しているのかと考えてしまいますね。

さて、ここからは高田真樹子さんの楽曲「私の歌の心の世界」「不機嫌な天使」について書いて行きます。「私の歌の心の世界」は元々高田真樹子さんが作詞作曲しましたがそれを八神純子さんがカバーして1980年に発売したベストアルバムに収録されました。

壮大なバラードに仕上がっており、寝るときには最高の楽曲では無いかと個人的には感じました。唄を作るときの葛藤というか思いを唄の歌詞に詰め込んだ物だと推察しました。悩んでいた物なのかそれともフラットな状態で書いた物なのか当時の精神状態が解りません。

不機嫌な天使についてはサードシングルであり、音源がなくどの様な曲かまでは解りませんでした。歌声を聞く限りアダルティーな雰囲気を醸し出していました。時代が早ければブレイクした可能性があります。

まとめ

世の中に色々なオーディションがあります。一年間に数百人の人が世の中に出てきますが、1年後2年後に、残る人というのは一桁ぐらいでしょうか?特に音楽の場合技術革新が進んでいて安価でもいい音が出る機材が出現しプロもアマも大差が無くなってきました。

そのためオーディションを勝ち抜くにはよほどの歌唱力があるか、作詞能力が高くないとオリジナリティーが出しにくい時代となった気がします。そのため少し歌が歌えたぐらいでは世の中に出ることが出来ません。

しかし、ポプコンの流行っていた時代というのは人の手で紡ぎ出すメロディーがとても大切でした。人の手で弾くのでメロディーにも暖かみがあったと言えます。そのため時代超えても歌い継がれ残り続ける事が出来るのでしょう。

これは時代が進むにつれて顕著で、1970年代、80年代、90年代、2000年代に進むにつれて音楽は安い物に変化しました。それはストリーミングやダウンロードが出てきたことで早く音楽を届けられるようになった反面、良い曲と聞いた瞬間に判断されなければ捨てられると言う事になります。そのため苦労して音楽を作っても需要と供給のスピードがぴったりと合っていません。

このようになった事は少し残念ではあります。

〔amazon〕高田真樹子のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手