フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

男女グループ

ピンキーとキラーズの現在の活動。 今陽子やメンバーは何してる?解散理由は?「恋の季節」「土曜日はいちばん」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]ピンキーとキラーズ ベスト 恋の季節 オレと彼女 涙の季節 七色のしあわせ 青空にとび出せ 星空のロマンス 恋人の讃歌 かぜの季節 花も嵐も 土曜日はいちばん 何かいいことありそうな 虹と雪のバラード NKCD-8008

ピンキーとキラーズを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • グループ名 ピンキーとキラーズ
  • カテゴリー コーラスグループ
  • 活動期間 1968年~ 1972年
  • 所属レコード会社 キングレコード
  • SNS・HP なし

現在の活動。 今陽子やメンバーは何してる?解散理由は?「恋の季節」「土曜日はいちばん」の誕生秘話は?

2008年に今陽子さんが芸能生活40周年を迎えた際にオリジナルメンバーで再結成しました。その後、再結成はしていません。ここからはメンバーや今陽子さんについて書いていきます。

今陽子 (アーティストネーム ピンキー)

現在は女優と歌手の二足のわらじを履いています。最新作は、2018年11月7日に発売した『今の季節』をリリースしています。オフィシャルブログを運営しており直近の記事では実母の退院を報告する記事が綴られていました。

仕事の事に関しては記述がないのですが、所属事務所がホリプロ系の事務所ですので恐らく仕事は定期的に入ってくる物と思われます。ご本人は至って健康そのものなので体調なども悪く無さそうです。

ジョージ浜野 ギター

現在ご存命のようですが、音楽活動に関する情報はインターネット上にはありませんでした。今後、どこかでインタビューなどを受ける機会があれば現在の活動が判明しそうです。

エンディ山口 ギター

2021年8月22日に他界しました。

パンチョ加賀美 ドラム

2018年5月29日に他界しました。

ルイス高野 ベース

2014年まで活動していましたが、現在の状況は不明です。

メンバー5人のうち2人が他界、年齢を重ねたので致し方ない部分はあると思います。今後は今陽子さんがピンキーとキラーズ当時の楽曲をステージなどで歌い続けて行きながら活動して行き、忘れられないようにしていくしかないようです。オリジナルメンバーでの復活というのは叶わない状態となりました。


スポンサーリンク

ここからは解散理由を書いていきます。ピンキーとキラーズは元々、ピンキー(今陽子)さんが20歳になるまでの限定的なグループと言う事で作曲家のいずみたくさんが決めてスタートしたグループでした。

しかしながら、ピンキーにはそのことは伝えずに活動はスタートそして脱退その当時、ピンキーは自分に実力がなかったからだと自分を責めて居ましたが、実際にはそのような事は全くなく解散は既定路線でした。

後に事実を聞かされ、自分を責めることはなくなったと言うところに落ち着いたようです。ここからはピンキーとキラーズの楽曲、「恋の季節」「土曜日はいちばん」について書いて行きます。

「恋の季節」は、ピンキーとキラーズにとってデビューシングルで最大のヒット曲です。セールスは、207万枚。作詞は岩谷時子、作曲はいずみたくのコンビで製作されました。この楽曲はピンキーとキラーズのために制作された楽曲ではありません。

元々、日本テレビのバラエティー番組『こりゃアカンワ』の中で『今月の歌』というコーナーがあり、そこで倍賞美津子さんが歌うために制作された楽曲でした。そしてタイトルも5月に歌う事になっていたので『恋の五月』というタイトルでした。

話がどこでどう行き違ったのかは解りませんが、ピンキーとキラーズが歌う事になってしまいました。結果的には200万枚を超えるヒット曲となりました。続いては「土曜日はいちばん」1970年1月20日リリース。

作詞・作曲は『恋の季節』と同じです。歌の内容は土曜日は好きな人に会える帰る時間も気にしなくて良いという浮かれた歌です。演奏も上手いし歌も上手いと感じました。アレンジも少しGSの匂いがしており、少しボサノバみたいな風味もある曲です。

この曲はどの程度売れたか等のセールスデータはありませんでした。

まとめ

今回はピンキーとキラーズを掘り下げてきましたが、メンバーも既に他界してしまっている人もおり、時の流れを感じざる終えない状況にあります。元々解散が決まっていながらもグループ活動をスタートさせたというのは少し驚きです。

👉〔amazon〕ピンキーとキラーズのCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-男女グループ