フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

桑江知子の今現在。結婚してる?出身は?「私のハートはストップモーション」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:〔amazon〕桑江知子/ボーン・フリー(野性に生まれて)+5

今回は、ボーカリストの桑江知子さんを掘り下げて行きます。


スポンサーリンク

プロフィール

  • 氏名 桑江知子
  • 生年月日 1960年1月18日
  • 出身地 沖縄県 沖縄市
  • カテゴリー ボーカリスト

今現在。結婚してる?出身は?「私のハートはストップモーション」の誕生秘話は?

現在も歌手活動を続けていて、ライブも精力的に開催しています。スケジュールは以下の通りです。(以下http://www.kuwae.cc/schedule.htmlより引用)

桑江知子 with 鬼武みゆき<知子と鬼ごっこ vol.28

  • 日時:2018年2月14日(水)
  • Open 18:30  Start  19:00
  • 会場:Com.Cafe 音倉
  • 東京都世田谷区北沢2-26-23 EL NIU BIF
  • 03-6751-1311
  • http://www.otokura.jp/
  • Charge:¥4,000(+1ドリンク¥500)
  • 予約・問合せ:クワーズ 03−3302−2102
  • 音倉   03−6751−1311

夢のスター歌謡祭 2018春

★3月2日(金)  [栃木] 宇都宮市文化会館

3月7日(水)  [新潟] 新潟県民会館

3月8日(木)  [新潟] 上越文化会館

★3月9日(金)  [富山] 富山市芸術文化ホール オーバードホール

3月26日(月) [兵庫] 姫路市文化センター

★3月27日(火) [兵庫] 神戸文化ホール大ホール

3月29日(木) [京都] ロームシアター京都

3月30日(金) [滋賀] ひこね市文化プラザ

4月4日(水)  [宮城] 東京エレクトロンホール(宮城)

4月5日(木)  [福島] 福島県文化センター

4月6日(金)  [福島] いわき芸術文化交流館 アリオス

4月10日(火) [奈良] 奈良県橿原文化会館

4月11日(水) [大阪] 大阪国際交流センター

4月12日(木) [大阪] 岸和田市立浪切ホール

★4月19日(木) [宮崎] 宮崎市民文化ホール

4月20日(金) [宮崎] 都城市総合文化ホールMJ

4月21日(土) [宮崎] 延岡総合文化センター


スポンサーリンク

開演時間:昼の部/14:00 夜の部/18:30

(★印は、昼の部のみー15:00開演)

チケット金額:

  • プレミアムシート席 ¥8,500(税抜)
  • SS席 ¥6,800(税抜)
  • S席  ¥5,500(税抜)

予約・お問合せ:TEL 0570−064−724

(電話受付時間:午前8時〜午後6時)

主催:夢グループ

やはり、昔懐かしのアーティストって扱いですよね。ですがライブが出来る場所があれば良いなそんな感じがします。今後もライブは続いていくと思います。楽曲の新作は2013年に私の心はストップモーションのボサノババージョンをリリースして以後、新作はリリースしていません。

続いては結婚しているかどうかです。結婚しているという情報はありませんでした。もしかしたら過去に結婚を意識した人がいるかもしれませんね。続いては出身地についてです。沖縄県出身で生まれたときから沖縄民謡が体に入った人なのかもしれません。

続いては桑江知子さんの楽曲「私のハートはストップモーション」について書いていきます。

桑江知子さんは渡辺プロダクションの音楽学校の九州校に通っており、全国選抜オーディションで選ばれて上京しました。

また、この曲はポーラ化粧品のCMソングに使われることが既に決まっており、桑江知子さんが得意なバラードでは無く、ミディアムテンポのポップスを渡されて戸惑い思わず「これじゃない」と言ってスタッフに怒られたと言うエピソードもあります。

その当時はやるであろうパターンを事務所が徹底的にリサーチして、衣装やメイクもしっかりと決められていました。桑江知子は完全に作られた歌手と言うことになり、本来のイメージとは違い、クールビューティーなボーカリストという戦略で売り出されました。

作詞は竜真千子、作曲は徳倉俊一というゴールデンコンビでの作品でセールスは14万枚。新人としては10万枚売れれば上出来と当時言われていたので、その後も歌手活動を続けることは出来ましたが、正直この曲を超えるヒットに恵まれませんでした。

まとめ

桑江知子さんは、一曲のヒットさえあれば長く歌手を続けていけるという好例ですね。当然続けていくのは簡単ではないので、本人の努力も相当だと思いますが。歌い続けていれば再びチャンスが来るかもしれませんね。

〔amazon〕桑江知子のCDはこちら。


スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手