フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

あべ静江の今現在。活動してる?年齢は?「コーヒーショップで」「みずいろの手紙」の誕生秘話は?


スポンサーリンク

出典:[amazon]「あべ静江」SINGLESコンプリート

歌手のあべ静江さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 あべ静江(本名 阿部静江)
  • 出身地 三重県 松阪市
  • カテゴリー 歌手
  • 所属事務所 バルシカ。

今現在。活動してる?年齢は?「コーヒーショップで」「みずいろの手紙」の誕生秘話は?

現在は、依頼があればテレビ出演をすると言う程度の活動に留まっていますね。個人的に覚えているのは、有吉反省会や爆報THEフライデーなどの人物掘り下げ系バラエティーです。それに出演する事によって過去どんなことをしてきた芸能人なのか?

また、有吉反省会の方では芸能人の人が色々な反省ごとを見つけて、有吉弘行他パネラーに弄られて、面白そうであれば禊ぎを行うというものですが、まあ基本的にはあまり芸能人として汗水垂らさなくともインタビューされて自分の存在を世間にアピールできるので美味しい仕事と言えます。

なのであべ静江さんの知名度は世代によって違ってしまうかもしれません。ある世代いとってはアイドル歌手、ある世代にとっては変わったベテラン芸能人。というように良い色づけが出来ていると思います。

活動に関しては、歌番組などのメディア出演がないだけで要職に就いているようです。それは一般社団法人 日本歌手協会の理事となっているようで今後についてはこのような要職の仕事を熟していくのかもしれません。

また、昨年などは歌手としての活動を継続しており単独ライブは難しくなってしまいましたが、色々なアーティストとのコラボレーションライブなどに出演しているようです。今年の日程は未だ発表されていません。

年齢については67歳で、最近の60代の人たちはとても若いと感じますね。芸能人は特に人に見られてお金を貰う商売ですので、見られ続けることで美をキープすることが出来ていると考えられます。


スポンサーリンク

あべ静江さんの楽曲「コーヒーショップで」「みずいろの手紙」について書いて行きます。「コーヒーショップで」はあべ静江さんにとってデビュー曲であり、作詞を天才作詞家阿久悠さんが担当し、作曲は三木たかしさんでした。

因みにデビューのキャッチフレーズは、『フリージアの香り』でしたが、この当時色々とキャッチフレーズを付けるのが昭和の芸能界の流行でした。そのためあべ静江さんにもキャッチフレーズが付いて最初はアイドルとして活動して行くことにしたようです。

レコード大賞の新人賞をはじめ色々な賞レースに絡み、幸先の良いスタートを切っています。「みずいろの手紙」こちらはセカンドシングルで紅白歌合戦にも出場を果たしアイドル歌手として地位を固めることが出来たと思われます。

作詞、作曲はデビューシングルと同じメンバーで、作られました。レコードデビューをする前の幼少期から子役として地元で活動をしており、根っからの芸能人であったようです。アイドル時代を経て芸能人として活動を継続しています。

さて、色々と調べてみたら何とあべ静江さんは現在独身。一度もロマンスネタが無かったのかと思って調べてみると、過去に4股を掛けられた恋愛がありました。相手の人はギターリストでスタジオミュージシャン、どうやら相当なモテ男だったみたいです。

婚約というところまで話は行ったようですが、まあ事実が事実だけに婚約破棄して現在も結婚には至っていません。よほどのショックがあって未だに独身なのかもしれませんね。今後も結婚という形は撮らない可能性があります。

まとめ

今後については依頼があれば、歌手活動を継続するかもしれませんがやはり歌手として歌うことが仕事なので、後は歌う場所次第ですね。それさえあれば歌手はどんな年齢の人でも絶対に輝いていく物と信じてやみません。

今のところはバラエティーに出て顔を売るという戦略に出ているかもしれませんね。また、メディアにいつ出てくるのかがとても楽しみではあります。

👉〔amazon〕あべ静江のCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手