フォークソングカフェ

フォークソングや歌謡曲の名曲やアーティストを語るブログ

女性歌手

香坂みゆきの現在の活動。結婚した清水圭との仲は?歌唱力は?デビュー曲「愛の芽ばえ」、「ニュアンスしましょ」の誕生秘話は?


スポンサーリンク
出典:[amazon]ゴールデン☆ベスト 香坂みゆき シングル・コレクション (スペシャル・プライス)

1970年代にアイドルとしてデビュー、その後女優、現在はタレントとして活動を継続している香坂みゆきさんを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 芸名 香坂 みゆき(本名 清水 みゆき )
  • 生年月日 1963年2月7日
  • 出身地 神奈川県 大和市
  • カテゴリー 歌手・タレント
  • 活動開始 1966年
  • 所属事務所 キープスマイリング

現在の活動。結婚した清水圭との仲は?歌唱力は?デビュー曲「愛の芽ばえ」、「ニュアンスしましょ」の誕生秘話は?

現在の仕事はレギュラーで主にテレビとラジオの2本。薬丸裕英さん司会のテレビ東京 「なないろ日和!」とラジオ日本 加藤裕介の横浜ポップJ 木曜パーソナリティのレギュラー2本です。 その他は、予定が決まれば所属事務所のHPなどで発表されると思います。昨今の新型コロナウイルスのオミクロン株の猛威により、ライブを仕掛ける事は難しいと考えられています。

続いては結婚した清水圭さんとの仲について書いていきます。香坂みゆきさんは清水佳さんと結婚する前に結婚していたことがあり、今回は再婚です。 香坂みゆきさん自身、結婚願望はさほど無かったようで出逢う前までは清水圭さんのことを認知していなかったと言うので清水圭さんが売れていなかったのか?それとも香坂みゆきさんが日常メディアを見ない生活をしていたかはわかりません。

しかし、香坂みゆきさんと出逢った頃、相当清水圭さんはノリノリの芸能活動をしている状態にあったと思います。夫婦仲については、良好では無いかと思います。検索を掛けると離婚説なんかも出てますが、離婚するならとっくに離婚していると思います。 子供も二人いますし、清水圭さんは笑っていいとものレギュラー中に一年も経っていないのに夏休みを一週間取ったことと、2009年のオランダ戦で本田選手と中村選手がフリーキックをどちらが蹴るかで揉め、そのプレーに対してどんな言葉を吐いたのか私は知ってますねんとブログに書いて、そのことに対して独自の理論を披露して炎上し仕事を失ってもまだ夫婦でいると言う事は絆の強さを感じます。 普通の夫婦だったら夫が仕事を失ったら離婚しても可笑しくないですが。


スポンサーリンク

芸能人という仕事はどこでまた火がつくか正直解らないギャンブルみたいなところもあります。まだ、清水圭さん自体は吉本興業に所属しているので事務所を辞めたわけでもありません。 単に仕事のオファーが来ないだけとも言えますが、今タレントとして復活を果したヒロミも10年間マスコミから離れていた時期もありました。しかし、現在見事復活を果して現在活躍しています。 清水圭さんに関してもいつの日かこう言った復活劇があるかもしれません。まあそれを待っている可能性があります。

続いては香坂みゆきさんの歌唱力について書いていきます。香坂みゆきさんの歌唱力で調べると褒めているブログも見かけました。因みに後に紹介する「愛の芽ばえ」を聞きましたが歌声はかなりしっかりしており逆に安定感さえ感じます。 歌唱力はあったと考えて良いでしょう。

ここからは香坂みゆきさんの楽曲「愛の芽ばえ」、「ニュアンスしましょ」について書いて行きます。

「愛の芽ばえ」はデビュー曲で作詞・松本隆、作曲・穂口雄右のコンビで製作されました。 累積売上は3.5万枚、デビュー曲というくくりではそれなりに勝負出来たのでは無いかと思います。曲の中身は二人が出逢って愛が育まれていくと言うような歌に仕上がっています。

「ニュアンスしましょ」は、17枚目のシングルで作詞・大貫妙子、作曲・EPOのコンビで制作された楽曲で資生堂の秋のCMソングに使われて香坂みゆきさん史上最大のヒット曲と言えます。 不思議なアレンジに仕上がっており、楽曲を聴いただけでも歌うのが難しい楽曲です。しかし、歌に安定感があり安心して聞くことが出来る曲です。現在はドラマやCMから曲が流行るケースも多くないのです。 しかし昔はCMかドラマからヒット曲は生まれていた良い時代と言えます。この曲を聞くとこの時代は良かったなと感じると言う人もいるかもしれません。

まとめ

今回は香坂みゆきさんを掘り下げてきましたが、現在も芸能界で活躍出来ているので実力があると言えます。今後の活躍が楽しみです。

👉〔amazon〕香坂みゆきのCDはこちら。

スポンサーリンク

関連記事

-女性歌手